メモリアルコーナーにも飾れる故人の写真

葬式

メモリアルコーナーにも飾れる故人の写真

最近は、故人の人柄が偲ばれ、明るい表情をした遺影が好まれるようになってきています。
これは、お葬式の形態が多様化し、以前のように【宗教色の強いものではなくなってきていることが理由だと考えられています。
かつては、正装で真正面を向いたどちらかというと無表情のものでなくてはいけないとされていました。
しかし、それではお葬式という悲しい場がより悲しいものとなってしまいかねません。
故人に分かれを告げるということはつらいことではありますが、お葬式はそれまでの感謝などを示す場でもあります。
そのため、少しでも明るい気持ちになれるものがあったほうが良いかもしれません。
遺影に使用する写真は、基本的に1枚しか選ぶことができません。
他にも故人の生前の姿を回想してほしい場合には、メモリアルコーナーなどを作るのも最近のお葬式の特徴となっています。
何枚か選りすぐった写真を焼香台のわきなどに設けておくと、参列者はより故人の人となりを偲ぶことができるはずです。

高尾山 お墓

明るく交通の便も良いお墓

静岡 お墓

よつばホールディングス

よつばホールディングス

関連情報

多様化している、お葬式のさまざまなスタイル

オリジナリティあふれる結婚式が人気を呼んでいる近年では、なんとお葬式でも、オンリーワンの形式を希望さ

事前にマナーや作法を調べておきましょう

葬式に慣れている人は少ないです。
とくに、若い人は葬式でどう振舞えばいいのか分からないことが多

通夜ぶるまい誘われたらどうすればいいか

仏式葬儀では、通夜の焼香が終わった後に通夜ぶるまいを行うことがよくあります。
葬家の好意で行う

情報一覧

関連情報一覧