言葉遣いには細心の注意を払いたい

葬式

言葉遣いには細心の注意を払いたい

葬式について

画像

それなりの年齢になると、1人で葬式に出向くことも増えてきます。
通夜で遺族にどんな言葉をかければいいか悩むこともあるでしょう。
通夜ではなるべく手短に弔意を伝えます。
このたびはご愁傷さまでしたと言うのが無難でしょう。
心からお悔やみ申し上げますと言うことばを加えても構いません。
また、最近はあまり気にされなくなってきていますが、忌み言葉はなるべく使わないようにしたいです。
年配の方の中には気にする人もいるので気をつけるに越したことがありません。
仏事では再び葬儀を繰り返さないようにと言う意味から、重ね言葉がNGとされています。
繰り返しの意味を持つ言葉もいけません。
重ね言葉とは、たびたびやまたまたやいよいよなどです。
繰り返しの意味を持つ言葉は、追うや再三やまたなどになります。
意識しないとつい使ってしまう言葉もあるので、葬儀の場では常に意識しておくようにしましょう。
また、事前に忌み言葉をインターネットで調べておくことも大事です。

葬式について

画像

関連情報一覧